webメディア「ナースときどき女子」で当ブログが紹介されました!
たびのきろく

サッポロビール千葉工場はお酒弱い人でも楽しめる!

こんにちは、高瀬てん(@tensan_dayo_)です。

この記事を読んでいるあなたはこんな疑問を持っていませんか?

ビール工場の見学が楽しいってよく聞くけど、お酒が弱い人でも楽しめるの?

先日、サッポロビール千葉工場に見学に行ってきた私が、この疑問にズバリお答えします。

 

もちろん、楽しめます!

 

なぜこのように断言できるかというと、私はお酒かなり弱いからです。

ビールを一杯飲んだだけで、顔は赤くなるし、かなりフラフラです…。

最近は、飲み会でも全くアルコールを飲まないほどです。

 

お酒弱い私でもサッポロビール千葉工場の見学を楽しめたポイントは以下の2つです。

  • ビール工場の見学だけでなく、南極観測船の見学もできる
  • ビールの製法をガイドのお姉さんが詳しく教えてくれるので、説明を聞くだけでも面白い

 

それでは、これから詳しく説明していきたいと思います。

 

お酒弱い人必見!サッポロビール千葉工場のおすすめ見学ツアー

サッポロビール千葉工場の見学ツアーは以下の2種類があります。

  • 新・黒ラベルツアー
  • SHIRASE5002&新・黒ラベルコラボツアー

 

この2つの中で、お酒弱い人におすすめなのは、SHIRASE5002&新・黒ラベルコラボツアーです。

それぞれのツアーの詳細な説明が知りたい方は以下のリンクからどうぞ!

サッポロビール千葉工場公式HPで見学ツアーの詳細をみる

簡単な説明は以下にまとめてあります↓

新・黒ラベルツアー

ツアーの説明を公式HPから引用してきました↓

6月20日より装いも新たに新登場!2011年の東日本大震災で被災した見学通路を復活させるとともに、新設備「黒ラベルサウンドギャラリー」を導入しました。ブランドコミュニケーターの親しみやすいガイドとテイスティングをゆったりと80分で堪能頂きます。
(サッポロビール千葉工場HPより引用)

 

簡単にいうと、80分でビール工場の見学と試飲ができるツアーです。

見学料金は、大人500円です。

 

SHIRASE5002&新・黒ラベルコラボツアー(これがおすすめ!!)

ツアーの説明を公式HPから引用してきました↓

三代目の南極観測船「SHIRASE5002」の船内見学と縮小「新・黒ラベルツアー」が一緒に楽しめます。船内見学と「新・黒ラベルツアー」をそれぞれ70分でまわる、約2時間20分のツアーとなります。

 

南極観測船の見学70分とビール工場の見学&試飲70分がセットになったツアーです。

しかも見学料は1000円

これだけ見学できるのに、この値段はお得だなと思いました。

 

そして、お酒弱い人にこちらのツアーをおすすめする理由は、単純。

 

ツアー内容がお酒だけじゃないから。

 

お酒弱い人の強みはお酒がなくても楽しめるところですからね!!

ということで、お酒弱い人は、南極観測船の見学にも行ってみましょう。

 

お酒弱い人でも楽しめる!南極観測船「しらせ」の見学

サッポロビール千葉工場で見学できる南極観測船は3代目の観測船である「しらせ」です。
(今は4代目観測船「2代目しらせ」が活躍中)

この船は、2008年まで現役で活躍していたそうです。

元々の船名は「しらせ」でしたが、現在は「SHIRASE5002」という名前になっています。

 

(なんか3代目J soul brothersみたい…3代目の観測船だけに…)

 

ではここで、南極観測船見学ツアーの楽しいポイントを挙げておきます!

 

  • 元自衛隊のガイドの方が詳しく説明してくれる
  • 大きい船に乗れるというだけでテンションが上がる

 

めちゃくちゃ大きな船に乗れただけでもテンション上がるのに、元自衛官のガイドの方が詳しい説明をしてくださるので、「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とか思うことばっかりでした!

 

船の内部も興味を引く設備ばかりで、説明を聞きながらパシャパシャ写真を撮ってしまいました。

そのうちの何枚かをここに載せておきますね。

▲食堂の隣にある、厨房。ここで観測隊の皆さんの食事を作ります。

▲洋上では時間感覚や曜日感覚が狂うので、金曜日はカレーと決まっているそう。
(カレーが出てくると、金曜日だ!と気づけるように)

▲自衛官の方のお部屋。二段ベッドが並び、個人のスペースはほとんどありません。

▲船内には床屋さんが!?隊員同士で髪を切り合うのだそう。

▲操舵室の中も見学できます!!

▲甲板はヘリポートにもなっています。

 

1時間ほどかけて船内をまわった後は、いよいよビール工場見学の時間です。

 

ビール工場見学はお酒弱い人でも楽しめた!

ビール工場の見学では、ガイドのお姉さんが案内してくれます。

ビール工場で楽しかったポイントはこんな感じです。

  • ビールが出来上がるまでを詳しく解説してくれる
  • 試飲コーナーではノンアルコールビールやジュースもいただける

南極観測船の見学ツアーの時と同様、今まで知らなかったことばかりで、「へぇ〜」とか「ほぉ〜」という声が漏れる場面が多くありました。

▲サッポロビールの売りである長さ長持ち麦芽の展示があったり、

▲色とりどりのわかりやすいパネルの展示があったり、

▲ビールを製造している釜を見ることもできます!

お酒強いとか弱いとか関係なしに、ただ単純に、ひとつの工場見学ツアーとして、楽しむことができました。

 

そして最後の試飲コーナーでは、ひとり3杯まで好きなドリンクを試飲することができます。

 

もちろんここでは、ノンアルコールビールやソフトドリンクをチョイスしても問題ありません。

 

私は、黒ラベルをひとくちと、東北限定の黒ラベルをひとくちいただきました。

▲おつまみと一緒にビールを楽しむことができます。

▲期間限定で東北さんホップを使用した東北限定黒ラベルも試飲できます。

試飲コーナーでは、もちろん、コップ1杯全部飲み干さなくても大丈夫です!ご安心を!

私は本当にひとくち飲んで飲み比べただけです!

だから、お酒が弱い人でも、安心して試飲することができます。

 

アルコールアレルギーだから1口でもダメなんだよね…

という人はソフトドリンクでも大丈夫!

北海道限定販売のオレンジジュースやアップルジュースを楽しむことができます。

私はオレンジジュースも飲んだのですが、本当に美味しかったですよー!!

ビールが飲めなくても絶対に損はしないです!!

ちなみに、千葉工場限定のグラスも記念品として貰えました!

▲まあこのグラスで晩酌することはないのですが…笑

 

まとめ

ここまで、お酒弱い人でも楽しめるサッポロビール千葉工場の魅力についてご紹介してきました。

最後に、お酒弱い人でも楽しめるポイントをまとめておきますね。

  • 南極観測船の見学では、元自衛官のガイド付きで面白い!
  • 大きい船に乗れてテンション上がる!
  • ビール工場見学もビールが出来るまでを分かりやすく解説してくれるので面白い!
  • 試飲はノンアルコールビールやソフトドリンクもあってお酒弱くても安心!

 

サッポロビール千葉工場は老若男女、誰でも楽しめるので、本当におすすめですよ〜!

ABOUT ME
高瀬てん
会社員しながらブログを書いています。道民じゃないけど北海道が好き。ひとり旅が好き。