webメディア「ナースときどき女子」で当ブログが紹介されました!
たびのきろく

【2018年6月時点】熊本城の今を見てきた

こんにちは、高瀬てん(@tensan_dayo_)です。

先日、熊本城に行って来ました。

2年前の2016年4月14日、熊本で起きた震度7の大地震によって甚大な被害が出た、あの熊本城です。

でも、最近の熊本城、どうなってるか、知ってますか?

熊本城って地震で被害を受けたみたいだけど、今どうなってるの?

最近テレビでやってないけど、もしかしてもう結構修復進んでるの?

疑問に思ってませんか?

先日、熊本にひとり旅に行き、熊本城の現状を実際に見てきました。

熊本城、実際は本当にまだまだです。

まだまだ完全復活には時間が必要です。

今日はその様子をお届けします。

熊本城の今を見ることができる復興見学ルート

現在の熊本城は、内部に入れるところはほぼありません。

そのため整備されているのが、復興見学ルート。

城の外郭を一周するルートで、城の外観を見学できます。

この復興見学ルート、結構歩いた!結構疲れた!

結構ゆっくりめに周って、50分くらいかかりました。

私が行った日の最高気温は30度で、梅雨の合間のとても暑い日だったので、

ほんとーに疲れた!

なので、復興見学ルートを周る際には、歩きやすい靴と身軽な荷物をオススメします。

 熊本城の現状

一通り、見て周って思ったのは、

完全修復のためには果てしない時間が必要だなということ。

例えばこれは、申未櫓(さるひつじやぐら)

f:id:takatentravel:20180619065311j:plain

一見、普通に見えますが、裏に回って見ると・・・

f:id:takatentravel:20180619065436j:plain

石垣がこんな風に崩れています。

地震から2年も経っているのに、手付かずの状態。

このように、石垣が崩れている箇所が何箇所もありました。

こちらは戌亥(いぬい)櫓

f:id:takatentravel:20180619065616j:plain

よく見ると、石垣が崩れ、建物を角っこの石で支えた状態になっています。

f:id:takatentravel:20180619065859j:plain

ちなみに、このように石垣の角っこの石だけで建物を支えている画像や、映像はみなさんもよくニュースで見たと思います。

f:id:takatentravel:20180619070407p:plain

こんな風に何回もニュースで流れました。

しかし、これは、先ほどご紹介した戌亥櫓ではありません。

飯田丸五階櫓という別の櫓で、今年6月上旬に解体が完了し、その姿を見ることはもうできません。(それにしても2年近く経ってやっと解体が完了したんですね。)

このように、飯田丸五階櫓と同様の状態になっている櫓が他にもあったことを私は知りませんでした。

ニュースで見ることができるのはほんの一部で、実際に見行かないと分からないことがあるということを実感しました。

そして、こちらは天守閣。

f:id:takatentravel:20180619070838j:plain

工事中ですが、屋根のところをよく見ると、漆喰が塗られ、白くなっているのがわかります。

今年4月に漆喰を保護していたカバーが外れ、姿を現したそうです。

少しずつですが、着々と工事が進んでいる様子が伺えます。

石垣の修復方法

そして、驚いたのが、石垣の修復方法。

この写真のように、膨大な数の石が並べてあるエリアがありました。

f:id:takatentravel:20180619080244j:plain

この石垣は、修復のために、保管してある石のようです。

近くには、このように、石垣の修復手順を説明した看板が立ててありました。

f:id:takatentravel:20180619080410j:plain

特別史跡熊本城の石垣は、熊本城を特徴付ける貴重な文化財ですので、旧来の位置に石を戻して復旧します。

そのため、まず崩落した石の位置を記録し、石に番号を付け、個々の石の特徴を記録・整理して積み直し工事に備えます。

復旧作業を容易にするとともに、崩壊の原因解明、将来の崩壊予防などに役立てる目的もあります。

石ひとつひとつを管理して文字通り元どおりにするだなんて、気の遠くなるような作業…

これは時間かかりそう…

並べてある石をよく見てみると、このようにちゃんと番号が振ってありました。

f:id:takatentravel:20180619080336j:plain

膨大な作業量だけど、ひとつひとつ終わらせて行くしかないですよね。

さいごに

修復にはまだまだ時間がかかることを肌で感じました。

ちなみに今のところ、修復には20年かかると言われています。

だから、今、修復工事に関わっている、若手のあんちゃんが、

40代くらいになって、現場を指揮するような立場になって、やっと熊本城が蘇るということ。

そう考えると、20年てすごく長い。

また何年かしたら、熊本城にまた足を運びたいと思います。

おまけ 熊本城のお楽しみスポット”桜の馬場 城彩苑”

熊本城の入り口、行幸橋を渡ってすぐ右手側に

桜の馬場 城彩苑

というところがあります。

こちらは熊本のグルメやお土産を扱っている観光施設です。

この門が入り口!

f:id:takatentravel:20180619195104j:plain

中に入ると

f:id:takatentravel:20180619195311j:plain

このように城下町をイメージした街並みに、たくさんのお店が並んでいます。

中でも私のオススメは、フレッシュジュースのお店、「TENTE」さんの、

イチゴ鬼盛りソフト!500円!

f:id:takatentravel:20180619195614j:plain

イチゴ大好きな私にはたまらない一品💕

100%イチゴーって感じの、程よい甘酸っぱさで、めちゃくちゃ美味しかった!!

ただ食べ方を工夫しないと、ソフトクリームがかなりこぼれやすいので、要注意!!

あと上に乗っかってるイチゴも落ちやすいです!

それさえ気をつければ、本当に美味しいので、1回食べて見る価値あり!

ぜひ熊本城見学の前の腹ごしらえにどうぞ!!

ではでは、この辺で!

ABOUT ME
高瀬てん
会社員しながらブログを書いています。道民じゃないけど北海道が好き。ひとり旅が好き。