たびのきろく

【松山旅行記その1】道後温泉ひとり旅は個室利用が楽しい!

[temp id=2]

先日、愛媛県松山市にある、道後温泉に行ってきました。

道後温泉本館はとても古い建物で、2019年1月15日から改修工事に入り、建物の一部に入ることができなくなってしまいます。

だから行くなら今なのです!!

今日は、来年から改修工事で入れなくなってしまう、本館3階の個室を利用できるコースで道後温泉を楽しんできたので、レポートします。

・個室の待ち時間は?
・個室ってどんな感じの雰囲気?
・他のコースとどんな違いがあるの?

という疑問にお答えします。

道後温泉ってどんなところ?

道後温泉は、愛媛県松山市にある天然温泉で、日本三古湯の一つと言われています。
万葉集にも登場するほどの歴史ある温泉です。

道後温泉本館へは、松山駅から道後温泉駅まで市電で25分乗り、駅から歩いて5分ほどで着きます。

▲道後温泉駅。レトロな雰囲気がする綺麗な外観。

▲駅から徒歩5分ほどで道後温泉本館に到着

道後温泉本館で選べる4つの楽しみ方

道後温泉には神の湯霊の湯の2つの温泉があり、以下の4つの料金体系になっています。

・神の湯 3階個室 大人1550円
・神の湯 2階席 大人1250円
・霊の湯 2階席 大人840円
・霊の湯 階下 大人410円

”2階席”というのは、温泉を楽しんだあと、2階の広間でお茶菓子をいただくことができます。

”階下”というのは、温泉にのみ入ることができて、お菓子とかはもらえません。

そして、今回私が楽しんできたのは、神の湯の3階個室。

かつて、「上等」と呼ばれたコースで、夏目漱石のあの有名な小説「坊っちゃん」にも「俺はいつでも上等に入った」という一節が登場します。

3階個室にスムーズに入るには、午前中が良いかも!?

3階個室は部屋数が限られているため、休日などは待ち時間が発生します

電話やネットなどで事前予約はできませんが、本館入口のチケット売り場で順番待ち予約をすることができます。

レストランの順番待ちによくあるように、端末に人数と連絡先電番号を入力して、整理番号を受け取ります。

順番になると電話がかかってくるので、それまでは自由に行動することができます。

今回私が行ったのは、お盆休み真っ最中。

大勢の観光客で混んでいる時期でした。

道後温泉本館に着いたのは、9時半ごろ

この時、3階個室はすでに満室でしたので、順番待ち予約をすることにしました。

整理番号を受け取って、入口の方に聞いてみました。

てん「待ち時間ってどれくらいかかりそうですか?」

入口の方「んーそうですね、1時間以上は見ていただくといいと思います。」

私は最初、ディ●ニーランドもびっくりするほどの数時間待ちみたいな長時間の待ち時間を予想していたので、1時間以上くらいなら、頑張って待つかーと特に抵抗感はなかったです。

午前中の比較的早い時間帯だと、観光客もまだまだ比較的少ないので、待ち時間は短いかもしれません。

なぜなら、入り口の方が言っていた待ち時間よりもはるかに短い時間で個室に入ることができたからです。

実質30分待ちで、道後温泉本館の周辺をぶらぶらしていたら、あっという間に電話連絡がきたので焦りました。笑

ちなみに、時間つぶしの様子はこちらの記事にまとめてまりますので、良かったらどうぞ。↓

道後温泉本館の3階個室はリラックスできる空間。

こんなに早く順番が来るとは思わず、焦りました。笑

まずは靴を下駄箱に入れて鍵をしめ、入り口でチケットを見せて3階まで上がります。

古い建物なので、急な階段もあります。
(なぜ古い建物は階段が急なんだ・・・教えておじいさん)

そして通されたお部屋はこの1号室。

6畳ほどの程よい広さのお部屋でした。

早速浴衣に着替えて神の湯にレッツゴー。

温泉自体はもちろん撮影禁止なので、写真はないのですが、お湯加減は少し暑いかなと思うくらいで、ちょうど良かったです。

お風呂から上がると、お茶と坊っちゃん団子をいただくことができます。

個室は1時間半利用することができるので、お風呂にゆっくり浸かって十分のんびりできますよ。

まだまだある!3階個室を利用するメリット

3階個室を利用するメリットは他にもあります。

・坊っちゃんの間の見学ができる
・皇室専用浴室「又新殿」の見学ができる

坊っちゃんの間は夏目漱石が利用したとされる部屋で、来館者には無料で公開されています。

3階個室と同じフロアにあるので、気軽に見学することができます。
▲3階個室と同じ並びにある。ちなみに角部屋。めっちゃええやん!

▲中には夏目漱石の写真も飾られています。

そして、皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」の見学。

こちらは撮影NGだったので、写真はありませんが、天皇陛下専用のトイレ(未使用)も見学できるので是非行ってみましょう。

ちなみにこの又新殿の見学は、改修工事が始まるとできなくなってしまうので、今のうちです!!

ひとり旅にはやっぱり3階の個室をお勧めしたい。

ひとり旅で道後温泉本館を訪れるなら、絶対に3階個室をお勧めしたいです。

その理由は、人の目を気にせず、ひとりの時間を楽しむことができるからです。

まあそもそも、ひとり旅をしてる時点で、人の目なんてまず気にしてないですけど、
やっぱりひとり旅に出たからには、ひとりでゆっくりしたいのです。私は。

だから、共用で使う2階の広間だと他の人の存在が視界に入っちゃうのが私は気になります。

一方、3階個室は完全個人の空間が提供されるので、物理的にひとりになることができて、本当に快適でした。

確かに、入浴料は少し高いし、待ち時間が長いときもあります。

でも、入場料が高いからと言って反対する人もいないし、長い待ち時間に文句を言う人もいないし、何より長い待ち時間を自分の好きなように過ごせるのがひとり旅の最大のメリットでしょう!

だから、是非とも3階個室に行ってみてほしいです。

ABOUT ME
てん
会社員しながらブログを書いています。道民じゃないけど北海道が好き。ひとり旅が好き。